top›企業内弁護士というもう一つの選択

企業内弁護士というもう一つの選択

<広告>

<広告>

弁護士の働く場所として注目を集めているのが企業内弁護士です。 一般の弁護士は弁護士事務所に所属して、事務所として仕事を請け負っています。

しかし、現代では弁護士の数が増加しており、弁護士事務所だけでは弁護士の働く場所としての絶対数が不足しているのです。 もちろん、企業内弁護士はこれまでもあったのですが、最近になって、もっと積極的な採用を求める提言などが行なわれています。

企業内弁護士はどのような仕事をしているのでしょうか。 直接企業が裁判を起こされた時に法廷での対応をするわけではなく、その前段階の仕事をしていると考えればいいのではないでしょうか。

まずは、裁判にならないようにすることとか、事案などを整理することです。 法律面からのアドバイスなども必要になるでしょう。 訴訟や調停など法律が関係してくる場面も増加しているのです。

一人だけでできる仕事ではありませんから、複数の弁護士が企業内で協力する体制が必要になるのでしょう。 企業が大きくなり、グローバル化するにしたがってその傾向は強くなります。

ただ、この場合の弁護士に求められる資質は幅広くなります。 単に法律を知っており、手続きに詳しいだけでは務まりません。 実務を経験することも大切ですし、企業における仕事の流れを十分理解しておかなければなりません。

企業に就職してから、勉強することもいいでしょう。 自分のスキルを高める努力をしなければなりません。 このような弁護士のあり方も若い人にとっては、やりがいのある仕事と思えるのではないででしょうか。

<広告>

弁護士就職コラム
弁護士になりたい! 弁護士は就職難 弁護士の初任給は? 弁護士の年収は?
弁護士の就職率は? 就職活動の基本的な流れ 書類選考で最も重要な自己PR 弁護士だけではなく他の士業も苦戦
企業内弁護士というもう一つの選択 企業法務の仕事 弁護士の労働時間は? 良い法律事務所選びのポイント
自分に合う法律事務所かどうかを考える この法律事務所で自分が成長できるか将来設計をしてみる ブラック法律事務所に就職しないために 法律事務所について先輩に聞いてみる
事務所の大小は関係ない 弁護士ニートも増加している ロースクールの人脈を大切にする 高い年収を得ている弁護士も確かにいる!
弁護士はやりがいのある仕事だ! 弁護士は増えるが、弁護士の仕事は増加傾向にある! 一流を目指せば収入は後からついてくる 社会的成功よりも人間的成長を目指そう!
弁護士はサービス業である イソ弁とは? イソ弁時代の頑張りが将来を決める イソ弁時代は雑務も喜んでやろう
プライドは捨て素直に先輩に教えてもらおう はじめは単価の安い仕事に励もう 未来の自分へ投資する 自分の専門性を身につける
独立のタイミング 事務員の選び方 法律事務所の選び方 弁護士は信用が命!
競争相手の少ないところで戦おう! 自分よりも能力の高い人を雇おう 黄金の人脈を築く 質の良い仕事は紹介でくる
性善説ではなく性悪説で人を見る 弁護士の仕事は大きく分けると民事事件、刑事事件の2つに分けられる 交通事故問題 弁護士の仕事 離婚問題 弁護士の仕事
相続問題 弁護士の仕事 過払い金問題 弁護士の仕事 職場でのトラブル 弁護士の仕事 借金問題 弁護士の仕事
自己破産問題 弁護士の仕事 訴訟 弁護士の仕事 講義・講演 弁護士の仕事  

<広告>

<広告>