top›弁護士の就職率は?

弁護士の就職率は?

<広告>

<広告>

弁護士の資格を取得することができれば、簡単に就職できると思っている人もいるでしょう。 しかし最近では、弁護士の就職難ということが言われています。

新しい司法試験制度が導入されて、弁護士の資格は取得しやすくなっています。 ところが弁護士の取り扱う市場は別に大きくなっているわけでもなんでもありません。

その結果、弁護士の間で激しい競争が生まれています。 現時点でもそうなので、新人の弁護士がなかなか入っていきづらくなっているのです。

司法試験に合格して、司法修習を修了します。 そして最終的に卒業試験として2回の試験があるのですが、これに合格をすれば弁護士として活動できます。

ある年度の実績を見てみると、1991人が卒業試験を合格しています。 ちなみにこの中から検察官や裁判官を志望する人もいますので、その分を差し引くと1827名になります。

卒業試験に合格をして、弁護士会に登録して初めて、一人の弁護士として認定されます。 1827人の中で、弁護士会に登録をしたのは、1423名となっています。

つまり400名以上の人が、卒業試験まで合格したにもかかわらず、弁護士登録しなかったことになります。 イコール弁護士事務所などの就職先を確保できなかったということになるわけです。 数にして、約2割の人が就職できなかったという計算になります。

弁護士になれれば、確実に就職できると思っている人もいるでしょう。 しかし実際には就職できない人もいるので、注意しましょう。

<広告>

弁護士就職コラム
弁護士になりたい! 弁護士は就職難 弁護士の初任給は? 弁護士の年収は?
弁護士の就職率は? 就職活動の基本的な流れ 書類選考で最も重要な自己PR 弁護士だけではなく他の士業も苦戦
企業内弁護士というもう一つの選択 企業法務の仕事 弁護士の労働時間は? 良い法律事務所選びのポイント
自分に合う法律事務所かどうかを考える この法律事務所で自分が成長できるか将来設計をしてみる ブラック法律事務所に就職しないために 法律事務所について先輩に聞いてみる
事務所の大小は関係ない 弁護士ニートも増加している ロースクールの人脈を大切にする 高い年収を得ている弁護士も確かにいる!
弁護士はやりがいのある仕事だ! 弁護士は増えるが、弁護士の仕事は増加傾向にある! 一流を目指せば収入は後からついてくる 社会的成功よりも人間的成長を目指そう!
弁護士はサービス業である イソ弁とは? イソ弁時代の頑張りが将来を決める イソ弁時代は雑務も喜んでやろう
プライドは捨て素直に先輩に教えてもらおう はじめは単価の安い仕事に励もう 未来の自分へ投資する 自分の専門性を身につける
独立のタイミング 事務員の選び方 法律事務所の選び方 弁護士は信用が命!
競争相手の少ないところで戦おう! 自分よりも能力の高い人を雇おう 黄金の人脈を築く 質の良い仕事は紹介でくる
性善説ではなく性悪説で人を見る 弁護士の仕事は大きく分けると民事事件、刑事事件の2つに分けられる 交通事故問題 弁護士の仕事 離婚問題 弁護士の仕事
相続問題 弁護士の仕事 過払い金問題 弁護士の仕事 職場でのトラブル 弁護士の仕事 借金問題 弁護士の仕事
自己破産問題 弁護士の仕事 訴訟 弁護士の仕事 講義・講演 弁護士の仕事  

<広告>

<広告>