top›弁護士は就職難

弁護士は就職難

<広告>

<広告>

弁護士になるためには、まず司法試験をクリアしないといけません。 しかし司法試験に合格するだけではまだ不十分で、今度は司法研修を受ける必要があります。

司法研修所で一定の研修を受けたら、今度は弁護士会の方に弁護士登録をする必要があります。 ここまでの手続きを完了して初めて、弁護士として活動ができるようになります。

ところで弁護士と言うと花形の職業をイメージする人もいるでしょう。 一般のイメージからしてみると、弁護士になっただけで高収入が約束されるような印象を持っている人もいるかもしれません。

しかし実際には、決して弁護士も楽な仕事ではないと言われています。 弁護士が就職難にあえいでいると言われると、ちょっとイメージとは違うと言う感じがするでしょう。

しかし弁護士が就職難の時代に差し掛かっているのは事実なのです。 2012年の話ですが、司法試験に合格して司法研修所を卒業した人の中で、弁護士会への登録を行わない人が多いです。

弁護士会の登録を行わなかった人が、540人にも上ると言います。 これは、司法書士試験に合格して、司法研修所を卒業した人の内の1/4にあたる数と言われています。 540人という数は、過去最多に上ると言うことです。

この数を見るだけでも、弁護士は就職難の状態になっていることがお分かりになるはずです。 日弁連でもこの数を深刻視していて、司法制度の見直しを求める運動を起こしています。

弁護士の数を増やしたけれども、受け入れるパイが同じなので就職難に陥っているとも考えられます。

<広告>

弁護士就職コラム
弁護士になりたい! 弁護士は就職難 弁護士の初任給は? 弁護士の年収は?
弁護士の就職率は? 就職活動の基本的な流れ 書類選考で最も重要な自己PR 弁護士だけではなく他の士業も苦戦
企業内弁護士というもう一つの選択 企業法務の仕事 弁護士の労働時間は? 良い法律事務所選びのポイント
自分に合う法律事務所かどうかを考える この法律事務所で自分が成長できるか将来設計をしてみる ブラック法律事務所に就職しないために 法律事務所について先輩に聞いてみる
事務所の大小は関係ない 弁護士ニートも増加している ロースクールの人脈を大切にする 高い年収を得ている弁護士も確かにいる!
弁護士はやりがいのある仕事だ! 弁護士は増えるが、弁護士の仕事は増加傾向にある! 一流を目指せば収入は後からついてくる 社会的成功よりも人間的成長を目指そう!
弁護士はサービス業である イソ弁とは? イソ弁時代の頑張りが将来を決める イソ弁時代は雑務も喜んでやろう
プライドは捨て素直に先輩に教えてもらおう はじめは単価の安い仕事に励もう 未来の自分へ投資する 自分の専門性を身につける
独立のタイミング 事務員の選び方 法律事務所の選び方 弁護士は信用が命!
競争相手の少ないところで戦おう! 自分よりも能力の高い人を雇おう 黄金の人脈を築く 質の良い仕事は紹介でくる
性善説ではなく性悪説で人を見る 弁護士の仕事は大きく分けると民事事件、刑事事件の2つに分けられる 交通事故問題 弁護士の仕事 離婚問題 弁護士の仕事
相続問題 弁護士の仕事 過払い金問題 弁護士の仕事 職場でのトラブル 弁護士の仕事 借金問題 弁護士の仕事
自己破産問題 弁護士の仕事 訴訟 弁護士の仕事 講義・講演 弁護士の仕事  

<広告>

<広告>