top›企業法務の仕事

企業法務の仕事

<広告>

<広告>

弁護士が働く場所として企業内弁護士があります。 企業法務と呼ばれる仕事です。 具体的な内容を説明しましょう。

企業の活動において発生する法律上の様々な問題への対応、株主総会での事務局、コンプライアンス活動などが主なものです。

大手企業は例外なく法務部門を持っています。 企業間での契約書の取り交わしを始めとして、自社に対する訴訟などへの対応が必要となります。

現代においては企業を取り巻く法律的環境は厳格なものになってきました。 コンプライアンス順守などはその典型でしょう。

これまでは見過ごされてきたような事例でも法律的な観点から見直しを迫られるのです。 法務部門はこれらの様々な事例に対応しなければなりません。 単に社内への周知だけで済むわけではありません。

ただ、企業の規模によって法務部門の充実度は変わってきます。 小規模の企業では法務部門と言うより、法務担当者のみで対応しているところもあります。 自分が就職したいと考えている企業において、どのような法務部門が設置されているのかを事前に知っておくことが大切です。

事業内容によっては民事訴訟などへの対応も求められます。 法律の専門家としての弁護士の役割だけではなく、社内を調整する能力も求められます。

つまり、一般の弁護士よりもやりがいのある仕事と言えるかもしれません。 裁判所のような閉じた世界ではなく、法律と企業活動をつなぐのです。 学生が弁護士を目指す場合に、この企業内内弁護士になりたいと思っている人が増えているようです。

<広告>

弁護士就職コラム
弁護士になりたい! 弁護士は就職難 弁護士の初任給は? 弁護士の年収は?
弁護士の就職率は? 就職活動の基本的な流れ 書類選考で最も重要な自己PR 弁護士だけではなく他の士業も苦戦
企業内弁護士というもう一つの選択 企業法務の仕事 弁護士の労働時間は? 良い法律事務所選びのポイント
自分に合う法律事務所かどうかを考える この法律事務所で自分が成長できるか将来設計をしてみる ブラック法律事務所に就職しないために 法律事務所について先輩に聞いてみる
事務所の大小は関係ない 弁護士ニートも増加している ロースクールの人脈を大切にする 高い年収を得ている弁護士も確かにいる!
弁護士はやりがいのある仕事だ! 弁護士は増えるが、弁護士の仕事は増加傾向にある! 一流を目指せば収入は後からついてくる 社会的成功よりも人間的成長を目指そう!
弁護士はサービス業である イソ弁とは? イソ弁時代の頑張りが将来を決める イソ弁時代は雑務も喜んでやろう
プライドは捨て素直に先輩に教えてもらおう はじめは単価の安い仕事に励もう 未来の自分へ投資する 自分の専門性を身につける
独立のタイミング 事務員の選び方 法律事務所の選び方 弁護士は信用が命!
競争相手の少ないところで戦おう! 自分よりも能力の高い人を雇おう 黄金の人脈を築く 質の良い仕事は紹介でくる
性善説ではなく性悪説で人を見る 弁護士の仕事は大きく分けると民事事件、刑事事件の2つに分けられる 交通事故問題 弁護士の仕事 離婚問題 弁護士の仕事
相続問題 弁護士の仕事 過払い金問題 弁護士の仕事 職場でのトラブル 弁護士の仕事 借金問題 弁護士の仕事
自己破産問題 弁護士の仕事 訴訟 弁護士の仕事 講義・講演 弁護士の仕事  

<広告>

<広告>